お名前 M・A 59歳 女性 / お仕事:介護関係

4年前、ランニングをして、左膝を痛め、近くの整体に行きました。マッサージで思いっきり曲げられ痛みがはしり、その日からますます痛くなり、隣市の気功もやってくれる整体を知人が紹介してくれ、4ヶ月ほど週3回通院しました。

その時の膝の状態はとてもひどく腫れあがり、腫れがひかないようであれば、整形外科を紹介するので、水を抜いてもらった方が良いとまで言われました。幸い 水を抜くことはありませんでしたが仕事を休む訳には行かず、土日は殆ど家で過ごしていました。外出するときは、車椅子で移動していましたが、そのうち、膝 をかばいながら日常生活を送れるようになってきましたが、治療で良くなる事はこれ以上望めないと思い、松永先生の所に思いきって変わりました。

最初は週2回程通い、ゴム巻きを家でも先生から教えていただいた様に根気よく行いました。仕事中も、膝にゴムを巻いて仕事をしていました。

一生正座は出来ないと思っていましたが、治療を重ねるうちに痛みも全く無くなり正座が出来るようになりました。一生出来ないと思っていた正座が出来た時の嬉しかったことは今でも忘れません。

何年か前から右肩も痛く、右側を下にして寝る事が出来ませんでしたが、日常生活には特に不自由も無いので、まぁ年をとるとこんなものかと思って諦めていま したが、松永先生の所に行く度に、膝と一緒に肩の方も治療して頂いていたら、いつの間にか痛みが無くなっていました。正座が多い仕事なので膝も痛くなる時 もありますが、ゴムを巻いてケアして、定期的に松永治療院に通い、身体のゆがみを治して頂いてます。


介護の仕事柄、正座をすることが多いM・Aさんが正座できなくなったことは、大変つらかったことと思います。

しっかりと治療とゴムバンド運動に取り組んでくださって、一生できないと思っていた正座ができるようになられて、本当によかったです。ご自身の治そうという意志が一番重要です。